ホーム>フラワーギフトを選ぶポイント

フラワーギフトを選ぶポイント

フラワーギフトを選ぶポイント

19世紀のヨーロッパでは、婚約したら男性から女性に、毎日花を贈る習慣があったそうです。
このように花は、昔から大切な人へ贈られてきました。こちらでは、フラワーギフトを選ぶポイントをご紹介いたします。

贈る相手をイメージして

花を選ぶ際には、贈る相手をイメージすることが大切です。相手の好みを考えて、好きな色、好きな花を選んだり、相手の雰囲気に合ったものやイメージを花屋に伝えましょう。相手の好みをさりげなく聞いておくのもおすすめです。
また、誕生日、送別、記念日、結婚祝い、お悔やみなどの用途や、贈る場所、相手のライフスタイルを考えて、花束、アレンジメント、生花、造花(アーティフィシャルフラワー)、プリザーブドフラワーなどを選ぶと良いでしょう。

使い分け

フラワーショップには生花以外に、造花(アーティフィシャルフラワー)やプリザーブドフラワーなどを取り扱っているショップもあります。造花は丈夫で長持ちし、自由なデザインが特徴です。花の種類、色、サイズが豊富で、質感もとても良く、生花と区別なく使われるようになっています。またプリザーブドフラワーは数年保存できて、生花のようなみずみずしさを楽しむことができます。生花、造花、プリザーブドフラワーの花材を状況に応じて使い分けると、とても喜ばれます。 例えば病院見舞いに花を贈る場合、花粉に敏感な方にはプリザーブドフラワーが最適です。またブーケやフラワーアクセサリーなどに造花を入れることで、バリエーションが増えます。この3種類の花材を上手に使うことで、さらにおしゃれなフラワーギフトとして使い分けが可能になります。

静岡にあるフラワースタジオノエルは、フラワーギフトやウェディングブーケの通販を行っております。女性へのおしゃれなプレゼント、誕生日や母の日など、記念日や大切な人へのフラワーギフトとして、ぜひご利用下さい。